読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大友青のブログ

大友青が創作活動においてなんやら書くようです

『重要なお知らせ』の件について

初めましての方も、いつもありがとうのあなたも、

こんにちは、大友青です。

 

この度、ブログを始めることにしました。

と、言っても創作活動について色々と思うところなどを書くエッセイのようなものになればいいかなと思っています。

なので、日記とはまた違った使い方をします。

 不定期です。

 

初回は何を書こう? って公式で告知したとおり、【重要なお知らせ】についてでしょうか。

 

僕はE★エブリスタ(以下エブ)というサイトで物書きを始めました。

言わば、出身地のようなものです。

エブで活動をはじめて5年。

最初は「書いてみたい」でずっとやってきたわけですが、賞を頂いたり、他の作家さんと交流したり、自分で本を作ってみたり。

年々、『自分が求める自分の在り方』というものに変化があるんです。

 

Web小説と総称はしていますが、Web小説にも『ケータイ小説』と『文芸』『文学』があります。

『Web小説』というのはインターネットを経由して閲覧が可能な小説ということです。

『Web小説 ノットイコール ケータイ小説』です。

 

 こんな時代ですから、認知度をあげることを考えたときにWeb小説を離れるということは愚行です。

しかし、僕が書きたい物。書いている物と投稿サイトに温度差がありすぎるのが現状なのです。

少しずつズレはじめたものがだんだんと大きくなって、僕がエブをはじめとする投稿サイトに未練がなくなってしまった……というか、『横書きに耐えられなくなった』というのが直接的な今回の行動原因になります。

 

先述した通り、こんな時代にWeb小説を離れるということは愚行です。

 

今の自分の在り方と行動理念から検討した結果、細々と投稿してきたノベラボへ文芸、文学作品の完全移行を決意しました。

※ノベラボは縦読みができる投稿サイトです。

 

また、ケータイ小説は横読みが美学だと思っているので、そこを意識した作品は各投稿サイトに残したままにしてあります。

 

ケータイ小説が嫌いになったとか、横書きが嫌いになったとか、バカにしてるとか、そういう考えは全くないです。

要は住み分けをしたかったのです。

 

例えば、アイディアが浮かんで、設定やターゲットを決めて、プロットを作って、この段階で作品のあるべき姿が完成するわけじゃないですか?

じゃあ、この作品は『ケータイ小説』なの? 『文芸』なの? 『文学』なの? って考えるんです。

その結果、どこのサイトが一番適しているか……で投稿サイトを選べばいい。

 

文芸や文学作品を作ったつもりなのに、それが横読み表記になるのが許せなくなった。というのが真実です。

 

逆にケータイ小説を作ったつもりなのに、縦読み表記になるのも許せません。

 

なので、『その時々で投稿サイトを選択するようにします』があのお知らせの意図です。

 

とりあえずエブに出しとくか、カクヨムに出しとくか、Taskeyに出しとくか、っていう考え方はもうしません。

 

エブにいる僕の作品のファン方はホームページをブックマークしてくれると嬉しいなぁって思います。もしくはTwitterとか。

エブにこだわらなくなったということは、情報の発信源はエブではなくなるわけです。

だから、ホームページだとかTwitterだとか、僕個人の発信の場を登録しておいてくださると嬉しいです。

 

初回はこの辺で。

大友青